Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

僕の夢と希望

果てしなく遠くて近い。そう。それは銀河。天の川と呼ばれる星の川だ。

僕は以前、フェミニーズの握手会に、特にマリーアントワネットと会いに、星霜の彼方で行なわれた握手会に行ってきた。

そして、太陽系に戻るため、宇宙船を走らせていた。

だがしかし、僕は忘れていたのだ。

天の川が、増水している時期であることを。

大量の星の水に押し流され、僕は宇宙船の中でもみくちゃにされた。

気が付いたとき、僕は天の川の中州に居た。

織姫も、彦星も助けられない、天の川のど真ん中の小さな中州に、押し流されて来た流木達と一緒に取り残されていた。

命は助かった。僕は安心して、宇宙船を動かそうとした。だが、エンジンがピクリとも動かない。

僕は宇宙船の外に出てみた。中州に発生した局地的な低重力のおかげで、自由に宇宙船の後ろに回り込めた。

そこで、僕は危機を察した。もみくちゃにされているうちに出来た、エンジンルームの扉のゆがみから、星の水が内部へ入り込み、水滴がしたたっていたのだ。

僕はエンジンルームの扉を開けた。どざーっと星の水があふれて来た。

これは、エンジンルームが完全に乾ききるまで、船を動かすことは出来ない。

僕は、水で何処か壊れているところは無いかチェックした。

幸い、地球の言葉に訳すなら、エンドロール管と呼ばれるであろう、推進力を生むエネルギーを放出する管が、少し水圧で潰れていただけだった。

僕はトンカチを取り出し、元の形に戻るようにエンドロール管を叩き始めた。

それは、細心の注意を払いながら、なおかつリズミカルに進めなければならない、途方もない作業だった。

疲れを感じて、外に休憩に出た。

地球と通信は取れるだろうか。きっと、海原の孤島で、また言葉を探して迷ってるあいつが、僕からの通信を待っているかもしれない。

僕は操縦室に戻り、地球の電波を探した。地球を覆いつくしている様々な電波の中から、孤島で魚釣りをしているはずのあいつのスマホの電波を見つけた。

僕は再び様々な言葉をあいつの元に残した。

あいつはどうせ、その言葉をまた訳の分からないリズムとメロディーをつけて、歌という物を創り出すのだろう。

僕は今回は注文を付けた。「歌にするならポップで明るいものに」と。

あいつはどうも極端な奴で、極端なダークサイドと、極端なライトサイドを併せ持っているらしい。

だから、僕がほのぼのとした情景を思い浮かべながら提示した言葉でも、いやに戦闘的な音楽をつけられたり、いやに悲壮感のこもったメロディーをつけられたりと、色々アレンジされてしまうのだ。

だが、今回だけは必ずや。必ずや、青空を見上げてあんこのたい焼きを食べるような気分になる、素晴らしくポップで明るい歌にしてほしいのだ。

あいつがReD Crowと名付けた、まだ未成熟なこの集団の世界を、真っ黒に染めないでほしいのだ。

せめて、あずき色に。グリーンティーも付けば最高だ。

そんな楽しい空想をしながら、ぼくはエンドロール管を叩き続けるのだった。

新しい旅路を始める日に向けて。

クリアファイル

ずいぶんこちらを放置していた。

それについては詳しくは語らないが、忙しく作業をしていたんだと思ってくれ。

大体そんなもんだ。

 

海を満たしているものが何かと言えば、海水なのだが、海水を構成している成分について考えている。

抽象的な意味で。

 

少女の夢を見た。彼女が描き出すまで、歌い出すまでを。

褪せた写真のような世界。

 

「歌ってりゃいい」そう言っていた自分に対して、「歌い出せよ」と言いたくなる。

そんなことを言われなくても、もう海は満ちている。

宇宙の遠いところに、スーパーアースと呼ばれる、もう一つの水の天体があるらしい。

そんな遠い場所まで行って、海に手を浸そうとしている。

空気があるかも分からないのに。現実的な自分が言う。

残念ながら夢で見た海はエメラルドグリーンではなかった。

 

褪せた写真のようなセピア。

日本は正月のはずだ

明けた。そして暮れた。

たぶん、日本は今、晴れている。

そしてスーパームーンと言う、絶景の月の見ごろらしい。

絶海の孤島で、魚を釣りながら暮らしている筆者は、昨年末頃から、謎の生命体Peaceと共に、月一で音楽を作る修業を始めた。

それまでは、月一どころか一週間に一本曲を作っていたが、より完成度の高く、目指している音楽に近いものを作り始めたのだ。

だが、音楽を作る生命線である記録媒体が破損してしまい、さっさと修理しなければならない状態である。

それは置いておいて、Peaceとの共同制作について語ってみよう。

主に、作詞のネタをもらっているのだが、Peaceは純真な心の持ち主なので、選ぶ言葉もピュアッピュア。

其処に筆者の毒が混じるのだが、ミルクとコーヒーみたいなバランスで、良い感じのカフェオレ感が出ている。

Peaceも忙しい身なので、筆者が丸ごと手掛けた曲とかもあるが、段々曲が充実してきたころに、記録媒体がその生命を閉じた。

命を懸けて守り抜いてきた十数曲達が、天に召された。

筆者は、現在とても危機的状況であるが、記録媒体を修理できる場所まで運ぶのに、カヌーではとても運べない。

そこで、焚火を3つ用意することにした。

SOSのサインだ。

だが、木がしけっていて中々火がつかない。

困難は、始まったばかりかも知れない。

 

初心に返ってカラオケ状態

最後の記録を見ると、約2ヶ月間、ほとんど歌ってなかったことが分かる。

アカペラでは歌っていたが、録音機器に入力しながら歌ってはいなかった。

つまり、自己満足の状態で終わらせていたのだ。

アカペラで歌って普通に聞こえても、伴奏が絡むと一気に破綻する。

歌付きの曲を聞きながらだと、少し回復する。

だが、何処でどの程度発声を伸ばしたり縮めたりするのかが、うろ覚えになっているため、あらかじめ正確に作ってあるメロディーを聞いた後だと、なんだか気持ち悪い。

これでは、一年前に降臨し、わざわざ筆者のために地球を行ったり来たりしているPeaceに、非常に申し訳ない。

ある日、筆者が曲作りで臨死を覚悟していたとき、地球に降臨してもらったPeaceは、早めのお汁粉を食べながら、「もきゅ? もきゅっきゅきゅ。もきゅう。ももきゅ」という言葉を残して去って行った。

会話の内容については、極秘事項なので…極秘…極秘だけど名前出してるけど極秘で、遂行されて死線をかいくぐったあとだ。

また、筆者はPeaceに命を救われたのだ。

Peaceは、「もっきゅ(地球には、きんつばという物があるが、あれは非常にナイスなチャレンジャーだ)」と言っていた。

Peaceは、きんつばが「ほぼアンコの価値だけで勝負している」と言うことに感銘を受けたらしい。

そうなると、筆者の歌の価値も、編集でごまかしたりはできないだろう。

ある程度の加工はするが、加工するたびにPeaceの理想から遠ざかっていることを認識しなければならない。

基礎の歌がグダグダでも、加工で大体なんとかなるのだが、そう言う手段は「歌い手」さんのものであり、一応オリジナル曲を歌う身としては、自分の歌の練習なんて当たり前だろう。

発声してみると、いい意味で力は抜けているのだが、耳で聞いて喉で再生すると言う技がうろ覚えになっている。

そりゃそうだ。2ヶ月以上、原曲を聞いていないのだから。

新しい曲を作るのも良いが、作った曲を覚えこむのも日課だな。

CD-Rに覚える曲を焼きこむところから始めよう。

覚悟すべき時

新しい世界を垣間見たような、そんな気持ちで居た。

だが、そこには既に腐敗が広がっていた。

腐りきったカビ臭のしそうな、「醜」という物が、既にそこには存在していたのだ。

筆者は、革命家ではない。

ただ静かに歌っていたい。感情的に叫べるようになるのは、まだ先だ。

とにかく、今、何が出来るか。

そう考えた時、自らの声で、自らの喉で、自らの肺で、歌うことが必要だと直感した。

退路は無い。

進むしかない。

ずいぶんな散策を重ねたではないか。

遠回りも、ここまでだ。

宇宙とはかくも深き謎を湛えてそこにあるのだ

思えば、Peaceが遥か宇宙の深淵より降臨して、早1年が経過したではないか。

去年の夏に樹海をさまよっていた筆者が、深淵から来たPeaceに樹海の道行きを聞き、歩み出してから1年だ。

何とも早い時の流れだ。

樹海からは抜け出せたが、次の難関が待っていた。

海原だ。

幸い、手漕ぎボートがあったので、それで海原に繰り出すことにした。

だが、筆者は星の読み方を知らない。

つまり、海原で方向をつかむ術を知らなかったのだ。

そこに、また光る楕円の物体が現れた。

中から、期待を裏切らずに現れたPeaceは、また数多の言葉を残し、「もきゅ!(マリーアントワネットとの握手会が!)」と言って去って行った。

その数多のほうの言葉を油性ペンでメモしておいた筆者は、その言葉を頼りに星を読み、波を乗り越え、新しい大地にたどり着いた。

だが、筆者も体力の限界がある。樹海のあとに海原を乗り越えた身としては、しばらく定住生活をして心身を養わねばと感じた。

幸い、ボートの中には釣りの道具があった。

筆者は、浜辺で魚を釣りながらしばらく暮らしていた。

だが、無性に何かせねばと気を負うときがある。

そういう時は歌だ。Peaceの残した言葉と筆者の想像力を混在させた歌を、無心に歌う。そう。ようやく、無心に歌っても歌えるくらい歌い慣れてきたのだ。

10曲か13曲くらい。

ちなみに、マリーアントワネットは現在宇宙でアイドル活動をしている。

クレオです」「マリーです」「妲己です」の挨拶で、「フェミニーズ」と言うアイドルグループを結成している、らしい!!

全ては宇宙の深淵の彼方にあるのだ。

とりま、録音できるレベルまで歌唱力あげよう。今のままでは歌声に華が無い。

「フェミニーズ」に負けている場合ではない。

未だに古代ローマに住んで居られると思っているのか

全く暇ではないのだが、簡単な方法を封じられてしまったのでブログを書こう。

ここ連日、伴奏の作曲を続けている。

自分が歌うのとは別で。

自分で歌うほうは、どんな歌声で行くかはだいたい決まったので、後は歌い慣れることか。

一曲の間に疲れている場合ではない。

でも疲れる歌であることはある。

内容がグロイとかではないのだが、音が上がったり下がったり変則的に伸びたりするので、それを覚えこむのが難しい。

脱力系で歌える歌じゃないし。

一曲でだいぶ消耗するのだが、そんな感じの歌を3曲連続で歌ってみている。

練習ともなると、同じ曲を、安定した声が出るまで歌い続けなければならない。

軽く地獄を見る。

だが、筆者には盟友Peaceとの約束がある。

練習ごときで脱力している場合ではない。

一定の声を約3分半キープできるようになるまで、ボイトレは続く。

肺活量を上げるために、運動もしないと。

一日中パソコンの前で画面を見ていると、自分の存在意義について考えては…来ない。

自分を疑うほど哲学している場合ではないのだ。

私が考えているだから私はここに居る。

どんなサイコさんだ。

人間は余計な時間があるとろくなことを考えないと言うのは本当だな。

恐妻家は哲学者になる(あんまり知られていないソクラテスの言葉)。

お前は稼ぎを家に入れろ。

世の哲学者どもよ、働け!! 労働しろ!!

頭の中で英雄になっていられる世界では、なくなったのだ。

ローマは帝国ではなくなったのだ。

街になったのだ。

現代ではイタリアの首都と言う位置である。

現実を伴わない哲学と、哲学を伴わない現実は、同時に危険である(by 俺)。

じゃ。