読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

いわゆるエモーショナル

日本語で感情的。略称エモい。

呼び方はどうでもいいが、この感情が入る曲と入らない曲と、込めなくていい曲と込めなきゃならん曲があって、原曲を聴きなおして、こう言う節回しかと、納得しているものもある。

歌ってるうちに変わってきてしまったり、メロディーがフラットになってしまっていたものもあるので、そう言うのはなおす。過剰になってしまったものはキーだけ調節して過剰な感情は面白いから残す。

Peaceが前に降臨したとき、

「もきゅ?(英語歌ったら?)」と言っていた。

まだ練習曲内で英語は採用していないが、黒夢清春さんの英語の発音を学ぼうとしている。だが、そう簡単には覚えられない。

でも、「黒と影」収録の「CALLING」(ほぼ全体英語)は大分覚えてきた。リズミカルな曲な曲は覚えが早い。

英語歌うなら洋楽聞けよって話だが、まともなことを言っている洋楽を聞いたことがないと言う重体であるのだ。

普通の洋楽聞いてもつまらないしな。

爽やかCMソング系の洋楽になんの魅力があるのかわからんし。

嗜好がこう言うものなので、決して出来上がるものが爽やか系ではないことを前提に歌っている。

面白系はあるけど。

真面目に発声練習して、決め決めで歌った後、その曲が来ると、緊張の糸が一瞬で切れる。

声を色々変えなきゃならん曲なので、技術的には難しいのだが、歌ってる本人も、その曲は適当である。

ほどよく喉が慣れてきた頃にその歌が来るので、適当に歌ってるのにクオリティとしては悪くないほうなのが腑に落ちない。

声がうまく切り替われば、大体のものはうまく聞こえるのか?と言う疑問に突き当たってもいる。

「切り替える」のは比較的簡単なんだ。滑らかに声を変えるのが、少し難しい。

何事も鍛練か。昨日は練習休んだから、今日は夜にならないうちに歌っておこう。

エモく。

 

ややレベルアップ

久しぶりのボイトレ。歌ってみてて思うに、「普通にカラオケがしたい」と言う欲求が出てきた。

喉の奥を開く訓練が効いているのか、喉は最初から開いている状態で、高音の太い声もすぐに出るようになった。声の切り替えかたも早くなったし、以前は太い声を出すとグダグダになっていた滑舌も改善されてきた。

練習の成果はあるらしい。

その練習の成果の出てきた喉で、何故か普通のカラオケが歌ってみたい。

以前とどう違うのかを聞き比べたいのか、ただのストレスか、もしくは学習意欲か。

オフボーカルを歌う訓練ってのは、耳もしっかり使わないとならんと知って、自前のオフボーカルを歌ったあと、手持ちのCDの曲を歌ってみたんだ。

もちろん一般曲だからボーカルが入ってて自分の声は聞き取りづらいのだ。

しかし、ボーカルとぴったり同じタイミングで発声できているのは分かった。伴奏がしっかり聞き取れている状態だ。

練習をしていたのが夜間なので、あまり大きな声が出せないのが難点だったな。

喉を開くだけの練習なら、口パクでも出来る。ただし、普通に発声しているときより大袈裟に喉の奥を動かさないと、喉はすぐだらける。

故に、口パク練習はよっぽど深夜に歌いたくなったときだけに限り、最小限の発声で発音の強弱をつけると言う、別種のトレーニングを開始した。

ウィスパーボイスで裏声と言う無理なことをすると、女の子の声が出ることも発見した。下手に音域が広いわけではないらしい。

気づいたのだが、歌うと言うことは肺を使う運動なので、代謝が上がって暑くなる。

エアコンが暑く感じる季節になったな、と思ったが、2時間肺活量を上げ続けたら、それは暑くなるだろう。

いつも練習しているオフボーカルが7曲くらいあるのだが、アカペラで馴染んできても、伴奏とアカペラのキーがあってなくて、伴奏につられて声がひっくり返ることも度々ある。

伴奏と声が馴染まないと意味がないので、出来るだけ安定した高いキーが出るようにしないとな。

喉を潰さないように気をつけながら。

荒れた喉に湯冷ましがうまい。

習ってもいないサンストリック語を書き始めたら末期

がんばっていない。がんばれていない。

毎年この季節は、がんばろうにもがんばれない。

体の調子が崩れすぎるのだ。

筆者は、暑さに弱い。いっそ夏になってしまえば、体温が安定するので平気な顔も知れいられるが、この、もやもやと暖かくなり始めた、暑いのか寒いのかよくわからない季節が、身体的には一番苦手である。

そんな事情があるので、歌練習がさっぱりできていない。

耳が発達してきたせいか、伴奏に納得のいかないものも出てきたので、楽曲自体を作り直しか、と思ったりしている。歌メロは変わらないが、伴奏を少しいじる感じである。

故にて、くたばっている場合ではないのだが、くたばるを得ない状態が続いていて、誠に遺憾である。

政治用語はやめよう。「マジで心外なんだけど」くらいか。

心外も通じないかもしれない。

「マジでイラつくんだけど」…かみ砕きすぎた。

「遺憾」の正しい意味がだんだん分からなくなってきた(重症)。

とにかく、何を行うにつけても、体もパソコンも重たいので、いきなりスペインの村の人になりたくなる。つまり、何を言っているかわからない人になりたくなるという意味である。短く言うと、投げたくなる。

しかし、「ReD Crow」は集団として行っている創作活動なので、投げるわけにはいかない。

作曲にもう少し力を入れなければならない故に、まだしばらく「ReD Crow」としての作品発表には時間はかかりそうである。

ネットで調べたところによると、日本の国内で「Red Crow」と言うバンドさんが存在するらしい。

最初に筆者が活動名称として「レッドクロウ」と言うものを思いついた時、多分名前かぶる人いるかもと思い、最初から正式名称の「ReD Crow」の「D」を大文字にしておいたのだが、はてなブログでは頭文字以外大文字を反映できないようなので、id表記も「D」が小さいのだ。

故に、バンドさんの「Red Crow」さんと勘違いされた方が居たら申し訳ない。

「D」がでかいので、普通に「レッドクロウ」と読むより少しイントネーションが違うのだが、文章でイントネーションを描写するのが難しいため、割愛。

作曲も良いが、士気を高めるため、正式な「ReD Crow」のアイコンでも作ろうかな。

 

 

 

 

 

 

曲の種はアーモンドテイスト

楽譜を見ながらの歌練習。

ゴールデン●ンバーの「死んだ妻に似ている」がめちゃくちゃ歌いやすい。

サビはキーが高くなるが、全然筆者の音域内。

楽譜を見ていると、メロディーラインの構成とかがよくわかる。

何故、「死んだ妻に似ている」の楽譜を持っているかと言うと、雑誌の一部に掲載されていたのだ。

それと、何故、「死んだ妻に似ている」のメロディーを知っているかと言うと、YouTubeでMVを何度となく見聞いたからである。

恐ろしいMVだった…。

 

話は変わるが、先日Peaceに降臨してもらい、文字で曲のアイデアをいくつかもらった。

作曲もPeaceと連名になるものが出てきたのである。

謎の生物は曲の発想も豊かだった。そのアイデアの種を、筆者がどう噛み砕くかなのだ。

植物の種は噛み砕いても美味しくないのだが、曲の種は噛むほどに味わい深い。アーモンドが食べたい。

まずはテスト作品を作ったが、たぶんPeaceが求めているのはこの形ではない、と予感したので、今回は音にとことんこだわってみることにした。

歌のメロディーも「歌いやすさ」を重視してみるために、楽譜を見ながらの歌練習。

今まで、自分の歌はカラオケ状態だと歌いにくかったのだが、「間」を頻繁にとるタイプの曲が多いからだと、一般アーティストの曲を楽譜でみてみると思う。

それが故と言って、一般的になっても面白くないので、学びつつオリジナリティーは保つことを心がける。

ここしばらく睡眠不足なので、今日はもう眠ろう。

 

 

切り替えるか重ねるか

練習中の某曲で、声を切り替えて歌うか、それともフラットに歌った声に女声のコーラスを重ねるかを、検討中。

切り替える場合、難易度は上がるが手間はかからない。

コーラスを重ねる場合、録り直しや加工は簡単になるが、一般的すぎて面白味には欠ける。

練習中の曲の他に、新しく歌いたい曲も出てきた。

曲の候補は色々あっても構わないだろう。

せっかくだから、面白いことをしてみたいし。

だが、その歌ってみたい曲には、まだ伴奏がついていない。

歌の練習の他に作曲も同時進行か。

少し胸式呼吸が多い曲だが、しっかりブレスをとれる歌なので、歌いやすいかも。

と言う、少し気弱な発想から選んだ。(・ω・;)

伴奏を工夫すれば、間の取り方も分かりやすくなるし。

なんだか、「今後に期待しよう」みたいな気持ちで、作業を進めても良いものなのか。

自分の曲だし自分で歌うんだし、なるようになるだろうと言う期待を込めて、伴奏作りを始めるか。

歌の旋律の雰囲気的には…ジャンルが分からない。(・ω・;)

歌詞的には普通のパンクである。ロック的な…色気?は無いが。セクシーの和訳は「色気」で良かったのかが疑問だ。

でも、今出来上がっている練習曲が全体的にパンクなので、異色作を取り入れたくもなくない。

練習中の曲の歌のことも考えながら。

脳はワンセットで十分だが、栄養(糖分)が足らないらしく、やけに空腹だ。

発声の練習から

腹筋がヘボヘボになってしまった。

Peaceの「真空超振波拳」を受けたら、破裂しそうな様相だ。

「真空」で「超」のつく「振動」をしている「波」の「拳」を受けたら、それは破裂するだろう。

そもそも、Peaceの拳が破裂するだろう。

いや、Peaceは謎の生命体なので、拳は大丈夫かもしれない。

目下、猫パンチでも「ぽよよ~ん」と言いそうな腹である。太っているわけではなく、たるんでいるのだ。

普段の水分の摂取のしすぎと運動不足が、このポヨ腹を形成しているのだ。

何故そう断言できるかと言うと、風呂に入った後は、一時的にひきしまっているから。

もちろん、支える筋肉が弱っているので、小声で歌っても声むらがひどい。

少し大きい声で歌おうとすると、なおさら声むらがひどい。

いっそ、カラオケに行ってフリータイムで熱唱してくれば、違うのだろうが。

声量の調節が出来ないのは問題なので、腹が引き締まるくらいのボイトレを必要としている。

個人的に滑舌も気になるため、上顎を開ける練習や滑舌の運動もしているが、声を出さないことには腹筋に力は入らないので、腹筋を引き締めると言う意味では、あまり効果は無い。

上顎を開ける練習と言うのは、とあるボイトレの本で読んだのだが、喉の上をのほうを開く練習である。今のところは何の役に立っているか分からない。

上顎の筋トレをしないまま歌うより、少し喉が楽かもな。

実は現在、午前2時半ころから起きていて、めっちゃ眠い。

熟睡は出来なくても、起きる予定だった7時半まで眠ってみる。

発声はできなくても、顎の運動くらいは日課にしよう。喉が開いたほうがリップノイズ(唾液でくちゃくちゃ言う音)の軽減にもなるかも。

自分の声を録ってみて、ぺちゃぺちゃ言う音が聞こえると、脱力してしまう。

ちなみに、「u u e e」は未だに言いにくい。

ロマンテックにはなれない

Peaceには申し訳ないのだが、すごく情緒のある言葉をもらっておきながら、

「もきゅっっっっ?!!(そこでこのフレーズ出るの?!)」と言われそうな歌詞を、

今練習している。

その結果、筆者の歌声の緩急が試される曲となった。歌い方がころころ変わるので、慣れないと切り替えが難しい。

後、自分の声ながら、男声で高音で「ん?」とか言うと、気持ち悪い。

でも、そういう歌詞だから、そう歌っている。

少年声を出せば許されるレベルかも知れないが、素のどす黒い声で言わないほうが良いという事は、なんとなくわかる。

逆に素の声より低く発音しないと決まらない曲もある。

その曲は少し声の雰囲気を作って歌ったほうが良いかな。せっかく肉声で歌うのだから、やはりニュアンスが無いと、もったいない。

付け足すニュアンスのイメージとしては、「脅かされているような歌い方」?

詞の世界観がホラーだから。

その曲では、筆者(歌う人)は、「語り手」の役。ある物語の一部を歌ってる感じ。

「歌」と言うものを聴くとき、よく「視聴者」が陥りやすいのが、「歌詞の内容=作詞者の事実」と言うものである。

確かに、実体験や、日常のことや、自分の心の機微を歌う人もいるが、「天城越え」を歌う人が、本当に「貴方と一緒に天城を越えたい」と、歌うたびに思っていると思うか?

あれはものの例えだという事を理解できる年齢の人が、演歌と言うジャンルを理解できるわけだが、そのくらいの情念を表していますよーって言う、ある種の比喩表現なのである。

「比喩表現(ひゆひょうげん)」の意味が分からない人は、国語をちゃんと勉強して下さい(頼む)。

話を戻そう。

最低限、相方(Peace)をがっかりさせない作風にはなっていると思うのだが、実際聴いてもらったわけではないので、何とも言い難い。

今のところ、Peaceと連名になる、提供してもらった言葉を使った作品は、6曲くらい。

在庫(伴奏を作ってないとか、作詞と鼻歌だけのとか)はもう少しあるが、曲を覚えて歌えば良いだけの状態のは6曲くらい。

ミニアルバムなら作れるな。歌がどうなるかによるけど。ミニアルバムを作るとなると、そもそも商品価値のある歌を歌えるかどうかと言う小面倒くさい話になるので、まずはYouTubeに上げてみるとかの、事前対策を。

歌の旋律のどこでブレスをとるかとか、発音の仕方や声の変え方その他諸々、歌い方の技術にかかっているところが大きい。

まず曲に耳が慣れないと正確なところが分からないので、聴いたり声に出して歌ったりしているが、「歌に集中して手の作業が止まる」と言う状態になっているので、まだ道のりは険しい。

伴奏を聴いて、すっと歌える状態になるまで、練習は続く。

タイトル通り、歌ってるときの気分的には、ロマンテックと言うより、哲学的。

ロマンの正しい意味を辞書で引きたい。