Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

メモして良いですか

終点の後には、再び出発が待っているのだ。

終わらない作曲。終わらないドライアイ。

しかし、メモに間違いがあると、全て間違えが発生するので、メモは重要。

歌メロの小節数メモに多大なる間違いがあり、何度同じ曲のファイル変換とエフェクト加工を繰り返したことか。

 

筆者は、昔「メモ魔」だった時がある。漢字で書くと普通に読めるが、ひらがなで書くと「めもま」である。

ま行だけで作った、新しいキラキラネームみたいな…。

良いお父さんお母さんは、「めるもちゃん」のノリで「めもまちゃん」と名づけないように。

言いにくいだけだから。

 

本題がなんだと言うと、今ほど思考回路は落ち着いていないが、頭の回転だけは速かった頃、思いついた「創作のネタ」を、メモ帳に細かい字で書いて、それを作るにはどんな準備を整えるべきかとかを、

考えるのが日常だった日々がかつてあったのだ。

今のところは、それほど追い込まれていないので、メモ魔と化すのは、Peaceと話しているときくらいだが。

現在の作業的に、映像を扱うことも増えてきたので、メモより写真を撮ることのほうが多くなった気がする。

 

だが、なんにつけても、「紙にペンで書いたメモ」と言うのは、中々使えるものなのである。

「読むのに媒体(モバイバルツールなど)が必要ない」とか、長年にわたり保存しておけるとか。

 

「紙とペン」は、便利な反面恐ろしい部分もあり、例えば、電話で話しているとき…筆者とPeaceの会話は、「メモ前提」で行なわれるので、双方の理解はあるのだが(と、筆者が勝手に思っているのだが)。

 とある友人から電話がかかってきて、何気なく言った一言を、メモされている…という事があるのだと、今日判明した。

 

 たぶん、向こうとしては、面白かったから忘れないようにメモしなきゃ、と思ったのかもしれない。

そのメモを繰り返し読んで、ウケているのかもしれない。

笑かしてくれる友達が少ないと言う、心の溝を埋めているのかもしれない。

悪気はないのかもしれない。

と、己に言い聞かせるがごとく、善意に受け取るとしても、

半年くらい前に行った何気ない一言(筆者本人は忘却している)を、

「空(くう)さんこんなこと言ってたよー(笑)」

と言われても、筆者は全く笑えないのだが。

 

これは自覚していることだが、テンション高い時の筆者は結構、辛口な笑いを提供しているときがある。

その友人が…恐らくメモっていたのも、そんな辛口発言で。

「結構どすの利いた事を述べていたな」と思ったが、

「自らの発言をネタに自分を笑え」と言うのは、なんとなく「自虐的」な様相を呈しているな。

たぶん、筆者本人だけでなく、色んな人に言いふらしてるんだろうなと、察せられる。

 

 その、かなり困ったストーカー気質の友人が、何故今日電話してきたかと言うと。

上司にいじめられて退職を考えていたそうなのだ。

だが、友人のほうは「いじめ的なプレッシャーを与えられてる」と言う自覚が無く、話を聴いてみるに、その上司の発言と言うのが、非常に陰湿なプレッシャーをかけて、

友人のほうに、「退職したい」と言いださせようとしている作戦なんだろうなと言うのが話の流れ的に大体わかったので、

店長に洗いざらい話して、落ち着いて考えろという事をアドバイスしておいた。

 

全体的には、退職すべきか否かの相談だったのだが、ついて回る余計な一言のおかげで、なんだか筆者はその友人と話していると、スッキリしないものがある。

言葉には責任がつきまとうと言うのも確かだが、電話の内容をメモするときは、一言許可をもらうか、「メモしてますよー」とアピールするか、メモしても、言うな。

 メモする側の心がけの問題だよな。アドバイスをメモするなら、まだわかる。

余計なことまでメモするな。

 

今度電話があったら、そのことを一言注意しておこう。 

2曲ばかり…

新しい歌が出来た。歌のみで聴く限り、ジャンルは「ホラー」。

何故「ホラー」かと言うと、その歌を作ったのは朝起きて直だったんだが、

その朝方起きる直前に見た夢が、「グロ系ヴィジュアルバンドのボーカルになって歌ってる夢」だったので。

別に、夢を現実に!!(どりーむずかむとぅるー)的な要素は無いが、ネタは拾っておくほうなので。

 

一つ疑問があるのだが。睡眠中の夢を現実にしてどうする

 

ものすごく「グロ系ホラー」の演出で、もうバリバリにどーにもこーにも手のつけようがないグロイ状況で歌を歌っている夢だったのだ。

 

あれが現実になったら、筆者が一番嫌だ。

 

もちろん、目が覚めると、ちゃんと覚醒状態の「ブレーキ」がかかるほうなので、夢の中で歌っていたものよりは、全然怖くもない、

むしろ、「グロ系ヴィジュアルバンドファン」が聴いたら、「これのどこがホラー?」って言われそうなものを書いた。

 

「ReD_Crow」では…幅広く色んな曲を作っていきたいとは思っているのだ。

それこそ、アースミュージックから、ピアノ音楽から、エレクトロニカから、ロック、パンク、ただ単にエフェクト音が延々と鳴り響いているもの等々。

 

だが、基本はちゃんと、目指せ奥田民雄氏なのだ。

 

この方針は、筆者の好みももちろん入っているが、相方の詞星人、Peaceから絞り出せる…いやいや、いただいた言葉のジャンル的に、

方向性としては、奥田民雄氏のような、自由な言葉と、しっかりしたロックで聴かせる系の軸にしようかなと…。

と、言う建設的な考えの傍ら、何故か突然「グロ系」に走ったりするので、筆者も自分の発想はよく分からない。

その時、「面白い」と思ったものを、すぐ取り入れるほうなので。

 

既存の5曲(Peaceと一緒に作詞)に、追加のその…「グロいさんのうた達(仮)」が入るので、今のところ、「ReD…」の歌は、7歌ある。

伴奏のついている物が2曲くらい? と、メロディラインは決まったので、伴奏つけるだけのが3曲くらいある。

それから、歌えるが、ピアノロールエディタ上に起していないものが、1曲あって、今回出来た「グロいさんのうた達(仮)」は、まだメロディもなんとなくしか確立していないので、そこのジャンルにしばらく居ることになる。

 

ピアノロールに起こせなくても、メロディが固まればテレコに録った自分の歌聴いて、カラオケしながら伴奏作れば良いのだ。

 

だが、「グロいさんのうた達(仮)」については、メロディを固めるのに手間取っている。文字数が良い感じなので、自由に歌える分、自由すぎて「原型」を忘れたり、

筆者が…自慢ではないが、高い低いだけではなく、ザックリ分けて2~3種類の別人の声が出るので、

どの声でどんなアプローチをするかに悩んでいる。

 

まとめると、自由すぎて難しい。という、言葉とは別種の迷宮を、また彷徨っている。

 

彷徨うのが好きなわけではないが、「ReD…」用の曲では、何故かストレートに「だー!!」っと、真っ直ぐ作れた曲が、1曲しかない。

ストレートに作れた「歌」はたくさんあるのだが、こちらは伴奏作りに手間取っている。

 

これは悩むより、とことん歌いこむしかないだろう。

 

相変わらずだが

このエディタを見ると、何も書くことが思い浮かばない。

それだけ活動がスローペースと言うことだ。

 

今のところネタがないのは、筆者が飯も食わずに多忙を抱えていたため、「ReD-Crow(アンダーバーが出ない)」の活動が、ほぼ停止状態だったのが原因である。

 

何がそんなに忙しいのか。

それを話すと芋づる式になるので、ここでは言うまい。

 

「ReD…」の活動の場を探すのも、筆者の仕事であるが、まだCDも作っていないので、探そうにも探せない。

曲も5曲しかないしな。せめてあと3曲くらいないと話にならない。

 

以前、筆者の生声を使う曲が「ReD…」の作品になると書いた。それは確かだが、この「生声」と言うのは、現代流行りの電子音ボイスなどと区別するための表記である。

 

その関係で、「ReD…」の作品には、ソナーを使うことになるのだが、ソナーに組み込まれているデフォルトの電子音達がクールすぎて、思わずデフォルトの組み合わせだけで曲を作ってしまいたくなる。

 

しかし、デフォルトに頼るのは、作曲家としてアンチだと思うので、デフォルトに手を出さずに、ソナーを扱う方法を、学習中である。

 

実際の音を録音する機能しかなかったら…それはそれで使いようだが。

 

Webで見たところによると、音をぐるぐる回転するような効果を出したりもできるようなので、その操作とかを学習するためになら、

 

デフォルト音源を使うのは、ありだと思う。

 

と言う、一般的でない話を展開しているが、筆者もそんなに色んなDTMソフトに詳しいわけではないので、作曲のコアな話とか始めないから、一般の人も安心してくれ。

 

「デフォルト音源」とかの辺りで、既にオタッキーかもしれないが。

 

だが、奥田民生氏の境地を目指して、方向性が朝倉大介になっても困るので、やはり電子音にははまりすぎないように気を付けよう。

 

と思いながら、ソナーを起動する筆者であった。

 

 

 

 

 

Peaceの一日

を、想像してみた。

 

Peaceは謎の生命体なので、何処でどんな生活をしているか正確なことは分からないが、太陽系内で暮らしていると考えて、筆を進めてゆこう。

 

まず、冥王星で目を覚ます。太陽の光が届かないので、昼間なのか夜なのかは関係ない。

 

謎の楕円形の光る物体を操縦して、地球時間で30分くらいで金星に到着する。

太陽からの熱で、楕円形の光る物体のエネルギーをチャージする。

その間、Peace自身も太陽の熱であったまる(岩盤浴)。

 

地球にレジャーがてら、ご飯を食べに行く。甘いものが好きらしいので、たぶん沖縄でぜんざいを食べるブームが、Peaceの中で巻き起こっていると仮定して話を進める。

 

予備知識だが、沖縄のぜんざいは、かき氷に白玉とあんこが入っているものである。

 

ついでに水牛の…正式名称はよく分からないが、水牛の引っ張る、乗り合いバスみたいなのに乗って、器ごと買ったぜんざいを食べながら石垣島を目指す。

 

途中、ぜんざいがドロドロになって器からあふれてくるのと、食べるスピードの勝負になる。一気食いをして、頭がキーンとなる。

 

石垣島イリオモテヤマネコを探す。行く先の島を間違えていることに気づいていない(イリオモテって名前なのに)。

 

結局、ヤマネコを見つけられなくてがっかりしながら、コレクションのぜんざいの器を持って、火星に遊びに行く。

 

火星探査機に見つからないようにしながら、火星探査機追いかけると言う、ある種の鬼ごっこをして遊ぶ。

鬼ごっこの後には、やはりPeaceの個ブームである、「火星のそこら辺の石集め」をして、カプセルに保存しておく。

 

光楕円形の物体の中で、地球のテレビ電波を受信した物を再生し、火星探査機が地球に石を持ち帰ったニュースを繰り返し観て、

「もきゅっ…(失笑)」と笑う。

その背後には、集め続けた火星の石が、びっしり置かれている。

 

光る楕円形の物体を操縦し、最低限の動きで土星の輪の石を潜り抜ける、と言う、日課の訓練をする。

 

訓練の後、オーケストラの「ジュピター」を聴きながら、実物の木星が良い感じに見えるポイントで、地球語で言うなら、「午後のひと時」を過ごす。

 

どこかで超新星爆発を見つけると、「明日はいいことのある日」だと、推測する。

 

眠るために海王星に行くか、冥王星に行くかを考える。

時々、「海王星ベイブレード」と、「冥王星ベイブレード」を戦わせて、勝利したほうに行くことにしている。

大体7割の確率で冥王星に行く。

 

いつかイリオモテヤマネコと出会えることを夢見ながら眠る。

 

…なんか、ちょっと嫌な奴っぽい想像をしてしまったが、地球がどっぷり気に入るまで、こんな暮らしをしていたのではないかと、あくまで推測される。

 

誰か、沖縄でPeaceを見かけたら、「石垣島にヤマネコは居ない」と教えてあげてくれ。

 

筆者、空(くう)の一日

あまりブログのネタが思い浮かばないので、筆者の日常でも紹介しよう。

 

朝、早いと5時くらいに目が覚める。

二度寝も可能だが、早く起きたときは起きておいたほうがましなのだ。

だが、最近は早起きのしすぎで体がまいっているので、二度寝率は高い。

二度寝するとろくな夢を見ないという事は分かっているが、体力的に起きれないときはある。

 

本格的に目が覚めたら、まず、紅茶やコーヒーを飲みながら、30分くらいボーっとする。

意図的にボーっとしているわけではなく、ちゃんと目が覚めていないだけである。

早く起きて、スムーズに目が覚めた場合は、朝から作曲や作詞の作業に努める。

 

次に、朝ごはんを食べる。

食事の内容は、主に炭水化物。甘いもの(お菓子)がある時は、優先的に甘いもので済ませる。

腹がいっぱいになると、やはり二度寝してしまうので、二度寝防止に、少量でも脳に対して即効性のあるものを摂ることを心がけている。

 

8時から9時頃にかけて、身支度を済ませて、早すぎる昼飯を食べに出かける。

朝食が基本的に質素なので、6時頃に朝ごはんを食べると、9時頃には普通に腹が減っているのである。

大抵は、既製品の弁当をフードコートで食べて、スイーツ代わりに甘い飲み物を飲む。

普通にスイーツを食べるときもあるが、昼間に糖分を補給するなら飲み物のほうが体質に合っているという事を発見したのだ。

 

早すぎる昼食を食べた後は、中心街へ足を延ばす。

カメラを持参しているときもあるが、ここのところ良いアングルの風景に出会っていないので、カメラは自宅待機にしている。

古着屋で服を買ったり、本屋を物色したり、カフェで休んだりしながら、どうやら頭は常に何かネタを考えているらしい。

コンビニで買ったおやつを食べてから、帰る。

 

帰って来てから、本格的に作曲作業に取り掛かる。出かけている間は、ほとんど音楽については考えていない…はずなのだが、エディタを見るとサクサク思いつくほうなので、やはりどこかで曲のことは毎日考えているらしい。

作曲中は、そんなにクールに、スマートに、黙々と作業するわけではなく、

「このパターン前も使ったよな?」とか、

「この音でディス(ディストーション)だとどうなるわけ?」とか、

「あー、このパターンよく使うなー」などなど、

ブツブツと自己ツッコミをしながら作業しているので、怪しい人この上ない。

しかし、そんなに真剣?に作っていても限界があるので、たまにYouTubeを観てサボっているときもある。

YouTubeでも、勉強のために、何らかの曲をほとんど毎日聴いている。

聴覚だけが発達しすぎて、自分の技量の未熟さが嫌になる時もあるが、自分で作った曲も、慣れればそこそこ聞けるものであるだろうと、一抹の希望を抱きながら、日々、曲作り。

 

めったにアンプにつながないが、ギターを持っているので、度々に生音で練習する。

生音でも結構うるさいので、昼間しか弾かない。

 

おやつのエネルギーが切れるころに、夕飯を食べる。

これも炭水化物が多い。早すぎる昼飯が、主な主要エネルギー源なので、夕飯は眠るまで腹が減らないようにくらいの量しか食べない。

空腹にならない程度に、水分で腹をいっぱいにしてから、作業を切りの良い所まで進めて眠る。

 

大体は、このループで生活している。音楽以外も、写真や映像や画像などを作る作業もあるし、勉強の時間も必要なので、時間はかなり足りない。

眠すぎて朝の時間が使えなったりすると、午後はかなりのハードスケジュールである。

エディタとさっき書いたが、作曲は主にDTMで制作している。

今のところ、ギターを使うときは、リフを考えたり、コードの押さえ方が、実際どのような指の動きで可能なのかなどを検証するときくらい。

実物とエディタの両方に慣れていると、イメージで大体わかるが。

 

そんな感じでいつも何かしらの迷宮をさまよっているのである。

今日も眠る時間を過ぎてしまった。24時をむかえる前に眠りたい。

人間関係

「人間」が「関わり」を持つことを、「人間関係」と呼ぶ。

そんなことは普通に生きていれば、誰でも知っている。5歳児辺りで、もう言葉としては知っていると思う。

 

最初から関わりを持たなければ、余計な「人間関係」で悩むこともないのだが、

こちらからアクションを起こして、それがスルーされた場合、なんか虚しい気分になるものである。

ならば、最初からアクションを起こさねば良いのでは? とも思うが、その状態が続くと、いわゆる自然消滅と言う現象が起こる。

 

小面倒くさいと思っている人間関係を、あえて自然消滅させるならば、スルーはありだろう。

だが、そこはかとなく責任感を持って、あえてアクションを起こしたのに、スルーされた場合、筆者的に思いつくのは、「相手方が忙しい」「何か自分の伝え方に不備があった」の2点である。

 

まぁ、連休の最初の日で、これからワクワクどこかへお出かけに行こうかな?

なんて思ってるときに、事務的な用件など伝えられたら、相手方も「げんなり」と言う気分だろう。

この度は突然だったし、筆者の私用がかさんで連絡が遅くなったのが、主な欠点なので、お詫びの電話をかけたら…「ただいま電話に出ることが出来ません」のアナウンスが流れてきた。

 仕方あるまい。メールだとニュアンスが伝えにくくて困るのだが、メールを送っておこう。

 

きっと、相手方も、もう疲れてしまったんだろう。

筆者も、相手方の疲れ具合は分かっているので、あえてプッシュするほど鬼でもない。

と言う経過を経て、心の整頓はついた。

心を整頓するためのブログではないのだが、そんなもやもやを抱えながら、さっきまで作曲を進めていたと言うことだ。

 

人間関係。とても心遣いの必要なものである。

特に、文字のやり取りが多い場合は、要注意。

文字と言葉は同一視されやすいが、さっきも書いた通り、文字に書いた「ニュアンス」は、伝わりにくいものなのである。

その文章を書いた人を良く知っていて、その人のしゃべり方などを覚えていたりして、言葉で発音すればなんでもないことでも、

疎遠だったりする相手から、文章と言う「音のない表記」に変換した言葉を受け取ったりすると、読み手からしてはイラッとすることもあるのだと、

作詞家…(Peaceからネタを搾り取っているとは言え、筆者も一応作詞家なのだ)として、また一つ学ぶことがあった、連休初日の出来事であった。

 

もやもやしながら作曲を進めていた割には、伴奏のノリはすごく良い感じなのだが、それが手についた職と言うものだろう。

これからの活動について

 ひとまず、ものづくりを主体として創設された「ReD_Crow」であるが、

筆者(「空」(くう))の勝手な計画によると、まんまと宇宙…いや、なんでもない。

 

 気を取りなおして、筆者の勝手な計画によると、筆者がものづくりに対して迷宮に入り込んだとき、人の良いPeaceからネタを提供してもらい、それを筆者なりに噛み砕いて、

カリカリと噛み砕いて(心はハムスター)、

迷宮脱出ルートを探索する…つまりは、何かしら完成品を作り上げるのが、「ReD_Crow」の主な活動である。

 

 今のところ、その中核は「音楽」である。

基準としては、筆者こと空(くう)の生声を使って制作された音楽が、「ReD_Crow」名義になるのだ。

 

 何故、Peaceに助けを求めるかと言うと、

基盤となる、歌メロや伴奏は、結構ほいほい作れるほうなのだが、筆者はあまり自分の作品で、同じ言葉を意図的に何度も多用すると言うのは苦手なので…

メロに詞をつけている最中(もなか)、「またこの言葉出てきたぞ(イラッ)」となるので、語彙と発想力の豊かなPeaceの、「もきゅ」の中に込められた、数多の言葉を解読し、

作詞に使う…と言う、腹黒いことを考え付いたのである。

 

 ちなみにPeaceは言葉を提供してくれるだけではなく、色々アドバイスもくれる、気の利いた相方である。

 

 現在の進行状況は「ReD_Crow」用の歌を作ったり、アカペラで歌えるようになるようになるようになるように(念じている)、作った歌を練習したりしている。

 

 「ReD_Crow」用の歌は、4~5作ほど出来上がっているので、伴奏も早急に制作予定である。

 そのうち、CDとかグッズとかも作ることになるだろうけど、まずは歌う人の歌声がしっかりしないと発展できないので、地道に進めたい。

 

 今のところは、そんなところだ。