Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

迂回路を進め

YouTubeで調べたところによると、ソナーでも電子音声との合成はできるらしいのだが、別のフリーソフトで簡単に声の取り込みと加工ができるものがあるらしいので、

無理にソナーのポップノイズを消す方法を探すより、試しにそのソフトをダウンロードしてみた。

機能的には悪くないようで、面白い加工等も施せるらしい。まだ実音では試していないが。

マイクとオーディオインターフェースを繋いで、録音して、ポップノイズが出なかったら、第一段階クリア。

さっきも書いたがまだ実音で試していないので、今日のところは伴奏データの準備をしたのだが、その伴奏データをカラオケ状態(ヘッドフォン着用)で歌えるか試してみて、自分の滑舌が恐ろしく悪くなっていることに気づく。

「舌が回らない」とは、こう言うことかと思わせる「噛みっぷり」を自分に披露して、今日の練習は終了した。

(・ω・;)

↑思わず顔文字を使うほど凹んだ。

良いところと言えば、その新しいDTMフリーソフトは、ノートパソコンにダウンロードしたので、簡単に言えば、マイク等のように、録音機器を持ち運べるようになった。

筆者に良いところがあったわけではない…。

「悲劇(Higeki)」と言おうとして「喜劇(Kigeki)」になっている。子音が4個ぐらいずれている。素面でこのろれつは危うい。

(・ω・;)

↑なんかこいつかわいいな。

マイクテストと宅録がうまく行くようになったら、貸しスタジオでちゃんとした録音もしなければならないと言うに。

その前に、このあやふやになった音程(と、滑舌)をなんとかしないと、いくらミキシングでなおせるとは言え、ものにも限度があるだろう。

まずは普通に歌えるように、普通の一般的アーティストの歌の練習をしよう。

アカペラでしっかり歌えないと、カラオケではもっと歌えないから。

肩がガチガチなので、少し柔軟してからリトライ。