読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

言えてない

録音してみると良くわかるのだが、今練習している歌の、歌詞が一部、言えてない。

母音だけ表記すると「a i u u e e o o u a i 」の部分が言えてない。特に「u u e e」のところが言えてない。「u u e e」と言っても「ウクレレ」じゃない。「ウクレレ」のほうが言いやすい。

子音が濁点つきなのも言いにくいポイント。言いにくいポイントってなんだ…日本語が破綻している。

言いにくいところはなんとか滑舌を良くする運動や舌や顔筋肉のストレッチ等で改善するとして。

せっかく音域があるのだから、何か面白いことはできないかと思って…なん番茶まで煎じてあるかはわからないが、男声と女声を使い分けて歌うことにしてみた。

そうなると、前半はほぼ男声で、後半の終わり…いわゆる大サビは全部女声で歌わなければならない。歌詞の構成的にそうなる。

女声で早口で言いにくいところをなんども歌ってみているが、言えてない。

もちろん言えるまで練習。

滑らかで綺麗に聞こえる歌なら良いのだが、どちらかと言うとリズミカルでノリの良い歌なので、滑舌は死活問題である。

いきなり難関に挑んでいるが、最初に越える山が高いほうが、後が楽だと言うことを…いや、結局山はどれだけ登ろうと嫌いなんだが。

ものの例えとして、最初に難関に挑んでおいたほうが、能力的には色々試せると言うことを言いたいと言うことはあらかじめ伝わっているだろうが。

一曲だけではなく、数曲同時に練習したほうが飽きが来なくて良いか。

オフボーカルで一曲ゆっくりなテンポのがあったな。ああ言うのも取り入れて、色々歌ってみよう。

失敗した録音音声で少し遊んで見たのだが、リバーブって、使いすぎると風呂場で歌ってるみたいになる。

使うべき歌かどうかにもよるし。

その辺りのオタクな話は、いずれPeaceとでも、カラオケ屋でアイス食いながらゆっくり語らおう。

もう少し地球の日本の季節が暖かくなるのを待っていてくれ。その頃には歌も多少うまくなっている予定。

音源聴き込むのも練習か。曲に埋もれてみよう。