Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

いわゆるエモーショナル

日本語で感情的。略称エモい。

呼び方はどうでもいいが、この感情が入る曲と入らない曲と、込めなくていい曲と込めなきゃならん曲があって、原曲を聴きなおして、こう言う節回しかと、納得しているものもある。

歌ってるうちに変わってきてしまったり、メロディーがフラットになってしまっていたものもあるので、そう言うのはなおす。過剰になってしまったものはキーだけ調節して過剰な感情は面白いから残す。

Peaceが前に降臨したとき、

「もきゅ?(英語歌ったら?)」と言っていた。

まだ練習曲内で英語は採用していないが、黒夢清春さんの英語の発音を学ぼうとしている。だが、そう簡単には覚えられない。

でも、「黒と影」収録の「CALLING」(ほぼ全体英語)は大分覚えてきた。リズミカルな曲な曲は覚えが早い。

英語歌うなら洋楽聞けよって話だが、まともなことを言っている洋楽を聞いたことがないと言う重体であるのだ。

普通の洋楽聞いてもつまらないしな。

爽やかCMソング系の洋楽になんの魅力があるのかわからんし。

嗜好がこう言うものなので、決して出来上がるものが爽やか系ではないことを前提に歌っている。

面白系はあるけど。

真面目に発声練習して、決め決めで歌った後、その曲が来ると、緊張の糸が一瞬で切れる。

声を色々変えなきゃならん曲なので、技術的には難しいのだが、歌ってる本人も、その曲は適当である。

ほどよく喉が慣れてきた頃にその歌が来るので、適当に歌ってるのにクオリティとしては悪くないほうなのが腑に落ちない。

声がうまく切り替われば、大体のものはうまく聞こえるのか?と言う疑問に突き当たってもいる。

「切り替える」のは比較的簡単なんだ。滑らかに声を変えるのが、少し難しい。

何事も鍛練か。昨日は練習休んだから、今日は夜にならないうちに歌っておこう。

エモく。