Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

相も変わらず歌っている

う~たをうたうなら~ぼくらに~まかせろ~。

↑ちびまるこちゃんで、まる子とその友達が歌っていた歌である。

そう言う小ネタはどうでも良いとして、歌に関する事について書けと言う事なので、一筆書こう。

男声で高いキーを出す方法を色々試みているのだが、声を太くして「鏡音レン」的な声で高音を出すか、それともなるべく自然な声で高音を出すか、を色々試している。

女声と切りかえる歌が多いので、そこそこな高さをキープしながら、女声と区別がつかなくならないように気を使っている。

そして、「合唱団声」にならないように気を付けている。

分かりづらいメロは、ボーカロイドに歌わせてみて、感じがつかめたら、ピアノ伴奏状態で歌ったりもしている。

メロを覚えたらカラオケをせねばならんので、ボーカロイドに歌わせた曲を歌ってるなら、【歌ってみた】にすれば良いんでないかと言う意見もありそうだが、練習用ボカロ曲を頒布したりYouTubeに載せたりする予定が無いので、【歌ってみた】には該当しない…はずである。

メロの性質上、部分的ファルセットが出てくる曲が多いので、ボカロより、ピアノ伴奏やボイスリードで歌ったほうが歌いやすい場合もある。

単調なのだが、歌詞の発音が複雑だったり、伸ばすのか切るのか分からなくなる音符並びの時がよくあるので、そう言う時にはボカロが役立つ。

もちろん、歌うのは筆者である。筆者は機械ではないので、人声特有の色んなアレンジも追加すべきであると言う判断のもとに練習を続けている。

ほぼ全ての語をPeaceが提供してくれた歌があるのだが、その曲の伴奏をどうしようか考えている。

まずはDTM上でどうにかしてみよう。

一筆のはずが、かなり掘り下げて来たな。

Peaceから、曲の伴奏のアイデアを提供してもらったものを、実際作ってみたと言うのは前も書いたかもしれない。

絶対、Peaceのイメージしている「のどか」な感じではない曲が出来上がってしまったのだが、メロディーと歌詞は一致している。

何故、筆者の思い描く日常ってどこか悲惨なのだろうか。

奥田民生氏を目指してるんじゃなかったのか?!! と言う、悲惨さである。

そのうち明るくなるだろう。