Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

音楽とか語ってみなくても別に良いんだが

久しぶりに歌ってない記事。

一区切り働いた後、燃え尽きている最中。

そろそろ夕飯の時間なので、漬物で白いご飯を食べようかと。

歌以外の作業を行おうと思えば行えるが、体力が足りない。

脳と体に回っているエネルギーの比率を考えると、全体を10割として、

脳:体=1:9くらいの割合である。ホディのほうは余力があるのだが、頭が回らない。

ぎりぎりの1割で文章を打っているので、途中から訳が分からなくなるかもしれないが、リカバリー手段として食事が待っているので、食後になんなりと音楽活動っぽいことをするだろう。

メイビ―(50%以下の確立)。疲れ切っているのでポジティブシンキングは難しい。

 

今年の春に一般参加で出かけたM3と言うイベントで、「音楽同人イベントとはこういうものである」的な一般常識を学んだのだが、イベント会場内で弾き語りをしている人を見つけて、

「筆者は普段から『生の良質な音楽』に恵まれていたんだなぁ」と、つくづく感じた。

イベント内だから声をはれないとか、難しい点はあるのだろうが、あの歌を聞かされてCD買ってと言われても買いたくない。

と言うことは人前では言わないが、ここでこっそり記しておこう。

筆者は大学時代からDTMを独学で行なっていて、音楽系のサークル(大学が運営するしっかりしたサークル活動)に所属していたのだ。

そのサークル内で学んだ音楽の知識や、先輩達の「お遊びセッション」「ジャム」などを聞いたり、サークル内でできたバンドのライブを観に行ったり、大学を離れてからも、後輩の所属するバンドが出演しているイベントや、後輩の参加する弾き語りイベントを聴きに行ったりしていた。

一般アーティストのライブにも、何回か足を運んだ。

そう言う経緯が下積みとしてあるので、ある程度、プロアマ問わず「生もの」の音楽は聴いてきている。

外側から見たら、「良質なアーティストを育てている大学に入学できたものすごく運の良い人」なのかも知れないが、何年か連絡を取らなかった後輩に連絡してみようとか、自分のDTM作品の精度を上げるために、スコアの打ち方やコードの勉強をしたり、かげながら努力はしているのだ。

特に、後輩に連絡を取るときは、一番度胸が必要だった。

特に良い先輩でもなかったし、人の良い後輩に付け入ることになるのではないかとか、何が「良心」かはわからないが、余計な呵責を背負いながら、メールを打ったのを覚えている。

 

そんな話はどうでも良いとして、「同人イベントで弾き語る」と言う暴挙には、でないほうがマシだと思う。

雑音の中、アコギを鳴らして何か唱えていたおっさんは、何がしたいのかよくわからなかった。

そんな話を記しながら、夕飯を済ませたので、多少回復してきた。

ちょっとした作業があるので、おっさんを批評しただけで終わる。

結局何だったんだこの記事は。

一応生存していると言う報告。