Red_Crow’s diary

もの作り集団Red_Crowの生存と活動日記

宇宙とはかくも深き謎を湛えてそこにあるのだ

思えば、Peaceが遥か宇宙の深淵より降臨して、早1年が経過したではないか。

去年の夏に樹海をさまよっていた筆者が、深淵から来たPeaceに樹海の道行きを聞き、歩み出してから1年だ。

何とも早い時の流れだ。

樹海からは抜け出せたが、次の難関が待っていた。

海原だ。

幸い、手漕ぎボートがあったので、それで海原に繰り出すことにした。

だが、筆者は星の読み方を知らない。

つまり、海原で方向をつかむ術を知らなかったのだ。

そこに、また光る楕円の物体が現れた。

中から、期待を裏切らずに現れたPeaceは、また数多の言葉を残し、「もきゅ!(マリーアントワネットとの握手会が!)」と言って去って行った。

その数多のほうの言葉を油性ペンでメモしておいた筆者は、その言葉を頼りに星を読み、波を乗り越え、新しい大地にたどり着いた。

だが、筆者も体力の限界がある。樹海のあとに海原を乗り越えた身としては、しばらく定住生活をして心身を養わねばと感じた。

幸い、ボートの中には釣りの道具があった。

筆者は、浜辺で魚を釣りながらしばらく暮らしていた。

だが、無性に何かせねばと気を負うときがある。

そういう時は歌だ。Peaceの残した言葉と筆者の想像力を混在させた歌を、無心に歌う。そう。ようやく、無心に歌っても歌えるくらい歌い慣れてきたのだ。

10曲か13曲くらい。

ちなみに、マリーアントワネットは現在宇宙でアイドル活動をしている。

クレオです」「マリーです」「妲己です」の挨拶で、「フェミニーズ」と言うアイドルグループを結成している、らしい!!

全ては宇宙の深淵の彼方にあるのだ。

とりま、録音できるレベルまで歌唱力あげよう。今のままでは歌声に華が無い。

「フェミニーズ」に負けている場合ではない。